ひじきの佃煮にだしでバリエーションを

だしが上品に香る料理を食べると、ほっと落ち着く気がする人は多いのではないでしょうか?私もその一人です。
ひじきの煮物を作る時、千切りにしたごぼうと人参と水で戻したひじきをごま油で炒めます。鶏肉や油あげがあったら一緒に炒めます。野菜とひじきにある程度油が回ったら、そこにだしを入れてひと煮たち、あとは砂糖、醤油、みりんを入れて自分好みの味に仕上げれば完成です。
この時、干し椎茸の戻し汁をだしとして使うとしっかりとした味に、昆布のだし汁を使うとさっぱりとした味に、かつおのだし汁を使うと風味豊かな味に、いりこのだし汁を使うと濃い味になる気がします。同じ材料を使って、同じ方法で料理をしても、だしの種類が違うだけで、大きく味が変わります。ひじきの佃煮は冷蔵庫で保存が効くものですし、意識して摂取したい鉄分が多く含まれています。作り置きおかずとして冷蔵庫にストックされていると嬉しい一品です。とはいえ、毎日食べると飽きてしまうこともあります。そんな時はだし汁の種類を変えて味の変化を楽しんでみてはいかがでしょうか?