「もう1品」はピクルスで!

子育て、仕事、家事などなどで毎日忙しいお母さんにぴったりです。夕ご飯にもう1品加えたい、近ごろメニューに野菜が足らない、と感じたら、便利なピクルスを開いた時間に作ってみませんか?人気の合わせ酢を通販でもおすすめできるのはべんりで酢です。このべんりで酢があればピクルスも簡単に作れるのですが、今回はピクルス液の作り方をご紹介しておきます。

簡単なピクルス液の作り方をご紹介しますね。
材料
酢、砂糖、塩、野菜
作り方
鍋に入れて、砂糖が溶けるまで火にかける。
野菜をカットして火の通りにくい順番に鍋に加え、ひと煮立ちさせ、保存容器に入れてさまし、一晩寝かせる。
(お好みでローリエや粒こしょう、赤唐辛子など加えてもよいです。砂糖が溶けて火からおろしてから加えてください。)

最近はお酢にいれるだけでピクルス液が作れるパッケージや、ピクルス用のお酢も販売されており、購入できるので、そちらを利用するのもOK。
ピクルスは漬けた次の日から食べられます。保存状態によって変わってきますが、1週間前後で食べきるのがよいようです。

ピクルスにできる野菜は、きゅうり、カリフラワー、セロリ、にんじん、玉ねぎ、ミニトマト、ズッキーニなど、スーパーで簡単に手に入れる野菜です。または何か料理を作っていてちょっとだけ余ってしまった野菜で材料にしても。このあたりもピクルスは便利、という理由のひとつです。
もちろんそのまま食べてもOKですし、タルタルソースの具材や、サンドイッチに、肉料理の付け合わせなどもよいですね。便利な一品です。

工夫すればもっとたくさんのアレンジレシピができると思います。
ぜひ、トライしてみてください!