お酢はとても身体に良いです。

これから暑い季節になってくると、不思議とすっぱい料理を食べたくなるものです。お酢の成分は身体にとても良いので夏バテ防止やスタミナアップにもなります。お酢に含まれているクエン酸は食べ物に含まれるエネルギーを「活動の為のエネルギーに変える時に役に立つ成分」です。また糖質の代謝を促してくれるビタミンBを一緒に摂取する事によって疲れている身体を回復させてくれます。お酢のクエン酸にはカルシウム、マグネシウムなどの体内に吸収がされづらいとされているミネラルと結びつき、吸収されやすいように働きかけてくれるキレート作用があります。さらにお酢のすっぱい酸味は不思議と気分をスカッと爽やかにしてくれて食欲を増進させてくれたり、だ液の量を増やしてくれて食べた物の消化吸収を助けてくれる効果があります。お酢に含まれるグルコン酸は善玉菌が好むエサのようなものです。お酢を摂取することによって善玉菌が増えてくれて身体の健康を保つようにサポートしてくれます。お酢を使ったレシピは色々とありますがサーモンとの相性は抜群です。玉ねぎなど、お好みの野菜をキレイ洗ってから薄切りにカットして、サーモンと共に、お酢に10分ぐらい漬けてからお皿に盛ると簡単に出来上がります。真夏に食欲がなくてもサーモンと生野菜のマリネなら、美味しくて涼しげな気分になれると思います。