お酢をサラダに使うメリット

お酢にはダイエットや健康効果が期待できるといわれていますが、毎日飲むのは少しハードルが高いと思ってしまうこともあるでしょう。そのような方におすすめなのがサラダにかけて食べるという方法です。もともとサラダにはドレッシングをかけるのが一般的ですが、そのドレッシングにはお酢が使われています。しかし市販のドレッシングには油分が多いものもありますから、ヘルシーなものを自宅で作ってみるのも良いですし、春雨などと和えて酢の物のようにしてしまうのもおすすめです。お酢をサラダに使うメリットのひとつに野菜との相乗効果を狙えるということがあります。例えば昨今話題になっている酢キャベツの場合、キャベツというのは生で食べることでダイエット効果や美容効果などが期待できます。生だとかさも増して食べごたえもありますから、ダイエットをしていても満腹になることができるでしょう。一方の酢にも内臓脂肪を減らしたり腸内環境を整える働きなどがありますから、お互いの良い効果を倍増させることができるのです。酢には食欲増進効果や殺菌効果も期待できますから、夏場などの食欲が落ちる際に活躍してくれるのもメリットといえるかもしれませんね。